「なでしこサッカー!!」

 

| chairman | Chairmans Voice | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
IMG Study
| chairman | Chairmans Voice | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Let's get going ZENNICHI 2012

zennichi.jpg


zennnichi2.jpg

今週末、全日本少年の福岡支部予選が始まります。
この大会はジュニア世代では全国各県から出場する全国大会がある唯一無二の大きな大会です。
今年で36回目、古くは私も第3回大会の予選に出場して、がばいコーチは第5回大会で全国の地を踏みました。
サッカー少年の心にしっかりと刻み込まれる歴史を積み重ねた素晴らしい大会です。
 
選手は大会が近づくにつれて心に緊張と高揚が見えてきています。
この大会の目標を掲げてこれまでをどのように過ごしてきたか?
今大会にエントリーされた選手、外れた選手、それぞれが思い感じたことを次に活かしていくことが大切です。
チームは練習や試合を通して例年同様にいい調整ができていると思います。
あとは試合を向かえ一戦必勝の全力プレーで戦いながら自信を高め前進していくことです。
対戦する相手も決死の覚悟で戦いに挑みます。
勝利することが出来ても必ずしも内容が伴っているとは限りません。
少しでも全国に近づく為には内容が悪くても勝利に結びつけ、僅かな時間の中でも逆境からチームを立て直す強い精神力を発揮せねばなりません。
それでもまだ幼い選手の力だけでは前に進めないことも多々あります。
そんな時は選手を、チームを後押しするサポーターの力が必要です。
どんなに盛り上がっても興奮しても負けたら終わりの短期決戦です。
一戦一戦いかなる状況においても選手がポジティブに試合に挑めるような雰囲気、環境を作り後押ししてほしいと思います。
サポーターにとってもチームの試合で一喜一憂することは自然なことですが、決して選手の試合が大人の娯楽になってはならないことを忘れないで下さい。
堅苦しいことをいうつもりはありませんがサッカーを通した教育の場としてチームを見守ってもらいたいと考えています。
先日の報告会でもお伝えしましたサポーターの心得を理解して頂きサポート下されば幸いです。
試合は勝つこともあれば負けることもあります。
そのいずれからも多くを学ぶことができます。
意志目的を持ち目標を掲げ努力する過程を経て結果に導く、勝利という結果だけが成果ではなく、
この一連の行為を繰り返す中で得ていく反省と挑戦の機会、それを積み重ねた経験こそが最大の成果だと思っています。
発展途上の選手は成長過程の真っ只中で順風満帆ならぬ苦難苦闘からの試行錯誤こそが自立と自信を築かせ大きな成長に繋がると考えます。

これまでの、そしてこれからのサッカーで得ていく経験はプレーヤーとしてだけでなく人間形成する上での必要な要素をたくさん含んでいるのです。

私達、CLUB HIGASHIの指導陣は選手、サポーターと三位一体となり必ずや価値ある大会にして皆で成長できると信じています。
どうか宜しくお願い致します。
 
| chairman | Chairmans Voice | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |